離婚した場合、住宅ローンはどうなるの?

住宅ローンは、ほとんどの場合は何十年にも渡って返済することになり、そのため他の買い物とは違い、慎重な審査が必要になります。その中で一番重要なのが年収と雇用形態で、それに不足があれば担保や保証人が必要になります。夫婦の場合は奥さんの年収を合算したり、奥さんが保証人になって審査を通ることも多くなります。
夫婦が離婚した場合の支払は、金融機関はそのままの支払いが続く場合は何の問題もありません。その場合の状況にもよりますが、不動産の名義が夫の場合で、そのまま夫が払い続けるのであれば問題はなく、そのローン対象の住宅が奥さん名義になったとしても、基本的には夫か奥さんが支払い続ければ問題はありません。問題はそのローンの支払いを両方ができない場合や、その住宅を売らなければいけなくなった場合ですが、その場合は住宅を売った金額がローンの残高に届かない場合には、当然名義人か保証人がそれを負担しなければいけなくなります。もし奥さんが保証人の場合は、いくら離婚したからといってもその返済を逃れることはできなくなります。
近年では住宅を残して離婚するケースは少なくはありません。その場合は夫婦で財産分与をきちんと決めて、その後の住宅ローンの支払い方もきちんと決めるようにしなくはいけません。

注目コンテンツ

banner 頭金0円でも組める住宅ローンってあるの?

詳細はコチラ

banner 勤続年数が浅くても住宅ローンを組めるの?

詳細はコチラ

banner 繰り上げ返済って何?

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 住宅ローンを組む前に覚えておこう!. All Rights Reserved.