住宅ローンに保険は必要?

住宅ローンは、高額な金額を長年に渡り返済しなければいけないもので、もしも自分が働けない身体になると、返済ができなくなることも当然あります。そのため住宅ローンを組むほとんどの人が生命保険に入ることになります。
住宅ローンの保険といえば団体信用生命保険が有名です。この保険は通称「団信」と呼ばれていますが、団信は万が一ローンを組んでいる人に不幸があったり、重度な障害者になった時には、残っている住宅ローンを全て肩代わりしてくれる保険となります。団信は公的ローンを利用する時には任意の加入になりますが、住宅ローンを利用する人の95パーセントが加入しているものです。民間の住宅ローンを利用する時には、団信に加入することが原則で強制となっています。しかし団信の保険料は金利の中に含まれるので、特には準備する必要はありません。
その他にも住宅ローンに必ず必要な保険は火災保険があります。これはある意味生命保険よりも重要な保険で、火災保険に加入しないで住宅がなくなっても住宅ローンはなくならないので、火災保険は絶対に必要と言えるでしょう。その他には地震保険や民間の保険会社で扱っているいろいろな保険があるので、返済の負担にならない程度で加入することをおすすめします。

注目コンテンツ

banner 頭金0円でも組める住宅ローンってあるの?

詳細はコチラ

banner 勤続年数が浅くても住宅ローンを組めるの?

詳細はコチラ

banner 繰り上げ返済って何?

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 住宅ローンを組む前に覚えておこう!. All Rights Reserved.