繰り上げ返済の種類

繰り上げ返済とは、今組んでいる住宅ローンの残高を減らすために、一括で現金を返済することで、返済した分が住宅ローンの元金が減ることになります。繰り上げ返済をすると、減った元金に対してローンが組み直されるので、当然利息の支払い分が少なくなります。利息が少なくなることが、繰り上げ返済の大きなメリットになります。
繰り上げ返済には2つの方法があって、1つは短期短縮型で、もう1つは返済額軽減型です。短期短縮型は毎月の返済額は変わりませんが、残りの返済期間が短くなります。短期短縮型の一番の特徴は、将来分の利息を大幅に減らせることで、トータルすると相当な額を減らせることになります。この方法はとにかく長い返済期間を少しでも短くしたいという人にもおすすめの方法になります。
返済軽減型とは、返済期間は変わりませんが、毎月の返済額が少なくなります。こちらの方法を選ぶ人は、現在の住宅ローンが多すぎる人や、将来の収入の減少を見越している人におすすめです。短期短縮型の方が、合計支払い金額で考えるとお得になりますが、それぞれに合った方法で繰り上げ返済を上手に活用して下さい。
もちろん注意をしなければいけないのは、現在お金が余っているからと言っても、将来何が起こるかは分からないので、しっかり考えて、本当に余ったお金で繰り上げ返済をするようにして下さい。

注目コンテンツ

banner 頭金0円でも組める住宅ローンってあるの?

詳細はコチラ

banner 勤続年数が浅くても住宅ローンを組めるの?

詳細はコチラ

banner 繰り上げ返済って何?

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 住宅ローンを組む前に覚えておこう!. All Rights Reserved.