勤続年数が浅くても住宅ローンを組めるの?

住宅ローンを組むには必ず借入先の審査をパスしなければいけません。住宅ローンを組むための審査の大きな判断材料になるのが勤続年数です。勤続年数とは、現在務めている会社で何年勤務しているかの年数で、同じ会社に何年間存在しているかということになります。一般的な基準は3年以上となっていて、年数がそれ以上になると審査の得点が上がることになります
しかし、実際には勤務年数が1年でも審査にパスしている人も大勢います。その場合は勤務先が優良企業の場合がほとんどで、勤め先が上場企業の場合や公務員や医師や弁護などの資格を持っている人や、その他にも返済にほとんど心配のない人は、勤続年数よりも勤務先を重要視される場合が多くなります。しかし機関によっては勤務年数が1年以下や3年以下だと申込み自体ができない場合もあるので、その場合は住宅ローンが組めないことになります。
しかしそのような機関であっても、高い信用のある人であれば、審査の承認がとれるケースもあります。勤務期間が半年だとしても、前の会社を辞めた理由がヘッドハンティングの場合や同じ職種の仕事で、条件を良くするために転職した場合などもそれを同じく例外扱いされることもなります。このように勤務先が優良な場合は、まずは自分の希望する機関に申し込みしてみることをおすすめします。

注目コンテンツ

banner 頭金0円でも組める住宅ローンってあるの?

詳細はコチラ

banner 勤続年数が浅くても住宅ローンを組めるの?

詳細はコチラ

banner 繰り上げ返済って何?

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 住宅ローンを組む前に覚えておこう!. All Rights Reserved.