頭金0円でも組める住宅ローンってあるの?

住宅を建てる時には、住宅の本体の他にもいろいろな資金が必要となります。不動産会社への手数料や登記手数料や火災保険料や生命保険料など、その他にも多くの費用がかかることになります。大抵の金融機関では、住宅ローンを組む際の頭金の目安を2割としていますが、それはこれらの諸経費を払わなければいけない他にも、住宅ローンを組む人にどれだけの返済能力があるかを確認するためだと言われています。住宅ローンは年十年もの長い期間をかけて返済するものなので、住宅を建てるまでに貯金もできない人には返済能力もないと判断するのは当然とも言えます。
しかし住宅ローンには頭金が必ず必要ではありません。旧住宅金融公庫で、現在は住宅金融支援機構という機関では、住宅の本体の100パーセントまで融資してくれるフラット35という商品を出しています。これは他の金融機関の住宅ローンの審査があまりにも厳しいため、住宅業界を活性化させるために行われた政策でできた商品となります。当然審査は必要となりますが、他の金融機関よりは審査が通りやすくなっています。
しかしフラット35を使うには注意も必要で、住宅に対しても基準がとても厳しく、特に住宅でお金がかかる住宅の構造体などの基準をクリアーするために、施工費が割高になることがあります。その他の金融機関でも現在は条件次第で頭金0円でも可能な住宅ローンもあるので、インターネットなどを利用して、頭金0の住宅ローンを探してみてはいかがでしょうか?

注目コンテンツ

banner 頭金0円でも組める住宅ローンってあるの?

詳細はコチラ

banner 勤続年数が浅くても住宅ローンを組めるの?

詳細はコチラ

banner 繰り上げ返済って何?

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 住宅ローンを組む前に覚えておこう!. All Rights Reserved.