住宅ローンを組む前に覚えておこう!

いろいろな住宅ローンの疑問に答えたサイトです。

住宅ローンの種類

住宅を購入するほとんどの人が利用しなければいけない住宅ローンです。住宅ローンにはいろいろな種類があり、大きく分けると公的な融資と民間の金融機関の融資に分けられます。現在多くの人に利用されている住宅ローンがフラッット35です。フラット35と民間の銀行融資とは異なるところが多いので、自分が利用しようと思っている住宅ローンについては、融資を受ける前にきちんと理解しておくようにして下さい。
民間の住宅ローンは、住宅の売買契約をする前に事前審査を申し込むことからはじめます。申し込みをして承認が取れれば、売買契約書を締結して本申し込みに移ります。ここからが本当の審査となり、保証会社と金融機関の審査が通れば、そこで金銭消費賃借契約を交わすことになります。資金の受け取りはその金融機関によって多少異なりますが、何回かに分けて行なわれるのが一般的で、完成時に残りの全額が支払われることになります。
これに対してフラット35では、所有権の移転登記を行わないと資金の交付を受けられないので、完成時前に施工業者にお金を払わなければいけない時には、つなぎ資金融資という別枠の融資を受けなければいけなくなります。そしてそれにまたお金がかかるので、その点には注意が必要です。民間の金融機関の場合は、所有権の移転登記前でも融資は実行されます。フラット35の場合は、金利は低く設定されていますが、住宅の構造などに規制があって、住宅本体にかけなければいけない費用が高くなる場合があるので、最初にきちんと理解して利用しなければいけません。

注目コンテンツ

banner 頭金0円でも組める住宅ローンってあるの?

詳細はコチラ

banner 勤続年数が浅くても住宅ローンを組めるの?

詳細はコチラ

banner 繰り上げ返済って何?

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 住宅ローンを組む前に覚えておこう!. All Rights Reserved.